給食のおばさん in アメリカ

日米スタバ店員⇢米ボディビルダー(準優勝×2)⇢ 給食のおばさん。在米20年、アメリカ給食、便利アイテム、筋トレと日々のこと

ジム再開。愛したトマト。

 

コロナが広がる前、ジム通いが日課でした。

 

朝4時半から1時間は、自分だけの贅沢な時間。

(母業&給食おばさんスイッチ入れる場所)

 

 

 

ジムが閉鎖され、3ヶ月。

 

こんなことは、海外生活初めて。

 

いや、人生初。

 

 


遂に、先週カウンティーの許可がおり、ジムが再開された。

 


ジムでインストラクターをする友人から
誘いの連絡を受けるも、、

 


行くよ!と即答できなかった。

 


私「今、どんな感じ?」

 

 


友「It's great!」

 

 


私「。。。」
  どういう意味合いのGreat?

 

 


詳細を聞くと、
マシーンやクラスが混雑しないよう予約制
シャワールームや給水場の使用禁止
徹底的に常時、消毒。

 


ジムに来る人は、日々増えているそう。

 


暫くモグラ生活をしていた私は、普通の感覚がずれてしまったような気がする。

 


早朝ジョギング&サイクリング以外、

外出は、必要な行動のみ。


買い物した物は、ガレージで全てを除菌して、
眼鏡のまま、シャワーに飛び込み、自分も除菌する。

 


こんな状態で、私は日常に戻れるのか、、、?

 


コロナは長期戦。

自粛のあまり萎縮しすぎていたら、逆に不健康なのかもしれない。


夏休みの間、ジムでパートが決まっていたけど⇢ 現在まだ連絡待ち


来月に友人が主催するボディビル大会の手伝い⇢ キャンセル

夏は、スポーツのシーズンなんですけどね。汗

 



これから、どう新しい日常へ進んでいくのか、家族で語ってます。


 

 

f:id:lunchlady:20200619021102j:plain

最近、庭の植物たちが盛り上がっている。


以前、さるかに合戦の母さん蟹のように、

 

 

”早く実になれ、柿の種、出さんとはさみでちょんぎるぞ!”
 
 
と、シュールに育てた挙げ句、大失敗に終わり、、。
 

それ以来、植物には最大の愛情を注いでます。
 

愛しまくった今年のトマト。すっごく甘いです。
 

鳥も木の上から、ぶどうを狙ってます。笑
 

植育は五感を鍛え、生命の大切さも学べますネ。
 
 

*お手数ですが、クリックで応援してくれたら嬉しいです*

⇣ ⇣ ⇣

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ