給食のおばさん in アメリカ

日米スタバ店員⇢米ボディビルダー(準優勝×2)⇢ 給食のおばさん。在米20年、アメリカ給食、便利アイテム、筋トレと日々のこと

アメリカの給食メニュー

f:id:lunchlady:20200611113640j:plain

 

  

アメリカの給食メニューは、日本と全く違います。

 

 

味の豊かな人なら、ビビります。

 

腹ペコキッズなら、喜びます。

 

 

アメリカ給食の歴史は、時と共に変化して、、

 

現在は、主食は2種類から選び、副食はビュッフェ式のサラダバーです。

 

 

 小学校の給食時間は20分

 

ランチを買う子は並ぶ時間もあるので、短い時間でサッと食べます。

 

 

仕切りのついた紙皿に

  • 穀物
  • 野菜
  • くだもの
  • タンパク質
  • 乳製品

の中で、少なくとも3品目を1/2カップを選ぶこと。

 

サラダバーは季節の野菜・果物も取り入れ、色鮮やかです。

 

お皿にイチゴだけをメガ盛りした子は、”野菜の畑”がないと取り直し。笑

 

 

 主食は、ピザ、パスタ、バーガー、メキシカン、ナゲット、照り焼き丼、チャーハン、春巻き、ホットドック、ハマス、BBQポーク、サンドイッチ、チーズスティック、フレンチトースト、マッシュドポテトなど毎日違います。

※後日、写真を載せます。

 

 

定期的に、焼き菓子、シャーベットなどデザートも提供します。

 

飲み物は低脂肪ミルクか無脂肪チョコミルク

 

 

時に、コーラを注文する子がいます。

急がさに紛れ「はいよ!」と一瞬、自分が何屋かわからなくなる。

 

 

給食は、ナッツアレルギー対応をした食品のみ扱います。

他のアレルギーを持つ子・宗教の食事規制がある子に対しては事前確認。

 

 

ミシェル・オバマの肥満撲滅メニューは、大失敗に終わったけど、

現在も全粒粉や玄米など、受け入れやすい部分から給食改善しています。

(私の学校は食べ残しでコンポースも作っています。)

 

 

 

お弁当が行方不明になる子、

 

ランチをひっくり返してしまう子、

 

匂いに釣られ買いに来ちゃう子・先生も多い!

 

予備を作りながらも、フードロスが出ないよう工夫するのが、私のチャレンジです。

 

 

 

ジャンクフードと言われるアメリカ給食ですが、

 

理由があり、今の制度が設定されているわけで。

私は、その中でベストを尽くすのみ。

 

 

給食室から食べる楽しさ、そして子供達との会話を大切にして、成長のサポートをしていけたらと思っています。

 

 

ちなみに、、。

ランチ持参する子の中には、

カップラーメン(乾麺をボリボリ)やポテチ、プロテインシェイクだけなんてのも。

 

 

オリンピックメダル獲得国1位は、アメリカ!

 

もしや、ランチのどこかに鍵が隠れていたりして?!

選手村でも、マックは大盛況だったそうです。笑

 

 

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

  

 

*お手数ですが、クリックで応援してくれたら嬉しいです*

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ